MENU
BIMAXILLARY

4本抜歯して口元を下げた裏側矯正治療

FIRST

初診

年齢・性別 19歳・女性
主訴 口もとを下げたい
問題点 上下前歯部の突出
口唇閉鎖時のオトガイ筋の緊張(口元に力を入れないと閉じない状態)
左上4抜歯済み(第一小臼歯)
治療計画 矯正治療開始前に上下4を抜歯し、リンガルブラケットを装着した。
前歯のガタガタ感が改善し、上顎前歯部を後ろに下げる際に矯正用アンカースクリュー(TAD)を埋入する。
治療費 矯正料金:135万+TAX
詳細:矯正装置・調整料・リテーナー・矯正用アンカースクリュー等すべての付属装置料・矯正治療後2年間経過観察料を含む
リスク 矯正治療における歯根の吸収や歯肉の後退が認められる可能性
矯正用アンカースクリューが脱離する可能性
本症例は口元を下げる治療方針としたがご本人が想像されている口元と一致しない可能性
矯正治療期間中の口腔清掃状態や顎間ゴムの使用状況によって治療期間が予定より伸びる可能性
以上のリスクを了承いただき矯正治療を開始
PROGRESS

治療経過

治療開始

1ヶ月後

4ヶ月後

7ヶ月後 矯正用アンカースクリュー埋入

9ヶ月後

1年2ヶ月後

1年3ヶ月後 上下親知らずを並べる

1年8ヶ月後

FINISH

治療終了

治療期間2年

術前術後の比較

矯正治療の疑問質問、歯並びでお悩みでしたら無料相談をお気軽にご利用ください。