MENU
DOCTOR BLOG

二次むし歯について

2018 / 05 / 11

矯正治療の経験がある方はご存知かは思いますが、

治療を行う前は皆さんが思っているより細かく検査と診断を行っていくことになります。

この検査をしっかりと行うことはとても重要で、後々の治療計画を予定通りに進められるかどうかが大きく変わってきます。

 

 

今回はそういった検査項目の中から「二次むし歯」について紹介したいと思います。

二次むし歯とは、過去にむし歯治療を行った人がなる可能性があるものですので、全ての患者様が対象になるわけではありません。

 

むし歯治療では、むし歯になってしまった部分を削り取り、そこに補綴物(詰め物、被せ物)を取り付けて治療をしています。

この補綴物は歯科技工士という専門の製作者が個人個人のものをしっかりと作製しているため、装着するときはぴったりくっつくようになっています。

しかし、時間が経つにつれて少しずつ削れたりしてしまい、歯と補綴物の間に隙間が出来てしまうことがあるのです。

その隙間にプラーク(汚れ)が溜まってしまい、補綴物の下にむし歯が出来てしまうことを二次むし歯といいます。

 

 

 

矯正装置を装着した影の部分は歯ブラシが届きにくくなってしまうため、

今までのブラッシングより時間を掛けて磨いていただいたり、細かい歯ブラシで届きにくいところをしっかりと磨いていく練習をしてもらっています。

初めは面倒くさく感じてしまうかもしれませんが、慣れてくればかなり早く磨くことが出来ますし、

このブラッシングが日常的に出来るようになれば矯正装置を外した後にもしっかりと歯垢を除去することが出来るようになっていると思います。

 

せっかく綺麗な歯並びになるのですから、むし歯などのリスクを最小限に減らし、

綺麗な歯並びを長く保っていけるように毎日の習慣付けを頑張って行っていきましょう。

 

 

歯並びでお困りの方、見えない舌側矯正(裏側矯正)や歯のホワイトニングをご希望される方は表参道高柳矯正歯科(J.TAKAYANAGI ORTHODONTIC OFFICE)までお気軽にご連絡ください

http://j-ortho.jp

0120-10-8282