MENU
DOCTOR BLOG

親知らずの抜歯について

2018 / 07 / 15

今日は矯正治療に限らず、多くの方が懸念されている親知らずの抜歯について書いていこうと思います。

 

矯正治療を開始する前には必ず精密検査を行い、矯正治療を行うべきかをしっかりと検討します。

そのうえで矯正治療を開始する場合は、治療計画を考え患者様と相談して進めていきます。

 

その検査の中には親知らずの状態確認ももちろん含まれます。

親知らずが歯茎に埋まっているのか、出ているのか。

あるいはまっすぐに生えているのか、曲がって生えてしまっているのか。

様々な角度から診ていきます。

 

近年日本の食生活が変わり、顎が細くなってきているため

「親知らずは抜くものだ」と思われている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに顎が小さく、親知らずがしっかりと並ぶスペースが確保されない方は多くいますが、

あくまで人それぞれなので、どういった観点から抜歯するのか、しないのかをお伝えできればと思います。

 

 

 

■親知らずとは

 

そもそも親知らずとは、別名「智歯」とも言い、前から8番目の歯を指します。

本来、永久歯の中でも最後に生えてくる歯です。

「本来」というのは、人によってずっと歯茎の中に埋伏されていて、生えてこない方もいらっしゃるからです。

 

 

■抜歯が必要になる場合

 

・不正咬合の原因になっている

歯は様々な要因で動き、場合によっては不正咬合につながっていきます。

上に書いた通り、曲がって生えてきてしまう場合は抜歯の必要性が高くなります。

親知らず単体で飛び出しているのはわかりやすいのですが、隣接する第二大臼歯を押し動かす方向に生えてきていることもあります。

第二大臼歯に力が加わり、第二大臼歯が本来と違う方向に動き始めるリスクがある場合は抜歯したほうが良いでしょう。

 

 

・第二大臼歯を遠心移動する

多くの日本人でみられる不正咬合の中に、叢生(デコボコ、八重歯、乱ぐい歯)や、ローテーション(捻転、歯がねじれている状態)があります。

多くの場合、歯列が正常に並ぶスペースがないことにより生じています。

歯を並べるスペースを確保するために、矯正治療においていくつかのアプローチ方法があります。

歯の側面を支障がない程度の本当に薄い層を削り(ディスキング)スペースを確保する方法、

小臼歯を抜歯する方法などがあります。

その中で、第二大臼歯を遠心(奥方向)へ移動させることでスペースを確保するやり方もあります。

この第二大臼歯の遠心移動を行う際に、機能していない親知らずを抜くケースがあります。

 

 

・咬合関係

正常に生えていないことで噛み合わせに異常が出ているケースは抜歯することがあります。

長い目で見て放っておくと顎関節症などにつながる可能性があるため、矯正治療を受けなくても抜歯する方もいらっしゃいます。

 

 

 

■抜歯が必要ない場合

 

・正常

まっすぐ生えていて、噛み合わせに問題がない方はもちろん抜歯の必要性はありません。

 

・第二大臼歯の問題

第二大臼歯がう蝕(虫歯)などで健康でない状態、あるいは何かしらの原因で歯根吸収(歯茎の中に詰まっている歯根が細くなっている症状)が起きている状態であれば、

第二大臼歯を抜歯し、その代わりに親知らずを空いたスペースに持ってくるということがあります。

 

・歯牙移動の固定源(アンカー)

矯正治療は歯に弱い力を加えることで動かしていきます。

その際に、力を加える固定源(アンカー)として親知らずを利用することがあります。

 

 

 

親知らずは矯正治療を考えなくても抜歯するべきか心配されている方は多くいらっしゃいます。

「親知らずだから抜歯する」ということはありません。

何かしらの不正咬合につながる、顎関節への悪影響がある、など健康上の問題があったときに抜歯が必要になります。

 

また、患者様一人一人の状態は違います。

患者様ごとにしっかりと検査し、診断していくことが正確な治療につながっていきますので、

気になることがあれば相談に来ていただければと思います。

 

 

歯並びでお困りの方、見えない舌側矯正(裏側矯正)や歯のホワイトニングをご希望される方は表参道高柳矯正歯科(J.TAKAYANAGI ORTHODONTIC OFFICE)までお気軽にご連絡ください

http://j-ortho.jp

0120-10-8282