MENU
DOCTOR BLOG

非抜歯治療による上下顎前突リスク

2017 / 02 / 21

みなさま、こんにちは。

 

今回は、非抜歯での治療について考えていきたいと思います。

 

健康な歯を抜かないで治療するということは、

患者さまだけでなく、矯正専門医としても目指しているところになります。

しかし、無理に非抜歯治療をしたことにより、上下顎前突になってしまうというケースもありますが、

そのリスクについてはあまり知られておりません。

ですので、今日は難しい問題でもありますがこのテーマについてお伝えしていければと思います。

 

 

 

抜歯、非抜歯に関しては患者さま個々の顎の骨の状態や、サイズに影響を受けるため、

必ずしも抜歯が正解、非抜歯が正解ということはありません。

治療期間が早くなるからということだけで抜歯するのも問題ですし、

歯が並ぶスペースがないのに非抜歯にしてしまうのも問題が起きることがあります。

 

 

そもそも抜歯が必要になるケースは、主に歯が並ぶスペースが足りない時です。

よくある不正咬合でいうと叢生(乱ぐい歯、デコボコ、八重歯)です。

綺麗に並ぶスペースがないことから、後から生えてきた歯が前後に生えてしまうというものです。

 

 

この状態での治療は、

・歯列を外側に広げてスペースを作る方法

・奥歯を奥へ動かしスペースを作る方法

・歯の側面をほんの少しずつ削りスペースを作る方法 などがあります。

歯列を外側に広げるのは多くの矯正専門医でもやっていることですが、

顎の骨のサイズに限界がある為、100%これで非抜歯とは言い切れないところがあります。

また、奥歯を後ろ方向へ動かす際には、智歯(親知らず)の状態も検査する必要があります。

歯の側面を削る方法はディスキングとも呼ばれ、これもやはり限界があります。

 

 

非抜歯での治療が必ずしも正しいと言い切れないのは、この「限界」がある点です。

無理して非抜歯治療をしてしまうと後戻りにつながることはだいぶ認知されてきましたが、

実は上下顎前突につながってしまうことも注意したいポイントです。

 

 

上記の方法を用いて治療しても歯が綺麗に並ぶスペースが確保されないと、歯は前方向しか行く場所がなく、前突になってしまいます。

歯の並んでいる部分だけ見ると、叢生も改善されているのですが、

口を閉じると口元がとがっていたり、飛び出してしまっているということが実際あります。

 

 

見た目を良くしたいということはほぼすべての患者さまの希望ですが、

歯並びが綺麗になっても横顔を見てみると「こんなはずではなかった」ということも起こりえます。

 

 

表参道髙柳矯正歯科では、非抜歯での治療をもちろん第一に考えますが、

何より大切なことはしっかりとした検査と診断、

そして患者さまにリスクもお伝えした上で、一緒に考えていくことだと思っています。

 

 

 

歯並びでお困りの方、見えない舌側矯正(裏側矯正)や歯のホワイトニングをご希望される方は表参道高柳矯正歯科(J.TAKAYANAGI ORTHODONTIC OFFICE)までお気軽にご連絡ください

http://j-ortho.jp

0120-10-8282