MENU
DOCTOR BLOG

2018 ヨーロッパ舌側矯正歯科学会(ESLO) in ポルトガル

2018 / 07 / 22

みなさま、こんにちは院長の高柳です。

先月のお話しとなりますが、6月26日から7月2日までヨーロッパ舌側矯正歯科学会(ESLO)に参加するため、しばらくお休みを頂きました。

またその際、HPとメールの不具合が生じたことでご迷惑をお掛けした事をお詫び申し上げます。

 

ヨーロッパ舌側矯正歯科学会(ESLO)は2年に1度、ヨーロッパ各地で開かれる学会で世界中から舌側矯正(裏側矯正)に日々取り組んでいる先生方が一同に集まります。

毎回ヨーロッパ各地の高級リゾート地で開催されるので私も楽しみにしている学会の一つです。前回はギリシャのアテネで開催され、今回はポルトガルのカスカイスというリゾート地で行なわれました。

 

 

ポルトガルは初めて行きましたが、北大西洋に面した国でユーラシア大陸の最西端の国になります。首都がリスボンという街で古い建物と坂道が多い街でした。

市内には路面電車も走っており、とても雰囲気のある街並みです。

ちょうどワールドカップ期間中ということもあり、パブリックビューイングが行われている広場やあちらこちらのバーでワールドカップが放映されてました。

ちょうど日本が決勝トーナメントに進出したこともあり、街を歩いているとJapan!! Japan!!

帰国後日本は惜しくも負けてしまいましたが素晴らしいプレーに心を打たれました。

選手の皆様本当にお疲れ様でした!

 

 

 

 

さて、学会の話に戻りますが、今回私がESLOに参加した理由としてESLOのTitular memberを受けるためでした。

Titular memberとはいわゆる舌側矯正治療(裏側矯正治療)の専門医試験となります。

上顎が裏側で下顎が表側の矯正治療ではなく上下裏側(フルリンガル)を5症例と1年の保定期間(リテンション)を展示しそれぞれ審査され、総合点で合否が決定するものでした。

日本からも7名の先生方が受けられ、見事全員合格することが出来ました。

その中で、当院の症例は最高得点でThe Best Titular case presentation awardを受賞することが出来ました!

矯正治療とは皆様のお手伝いがあってはじめて綺麗に仕上がる治療のため、今回の受賞はみなさまの努力の結晶だと思います。

本当にみなさまのご協力有難うございました!!

今後も今まで以上に質の高い矯正治療を提供出来る様にスタッフ一同精進して参りたいと思います。

 

 

 

歯並びでお困りの方、見えない舌側矯正(裏側矯正)や歯のホワイトニングをご希望される方は表参道高柳矯正歯科(J.TAKAYANAGI ORTHODONTIC OFFICE)までお気軽にご連絡ください

http://j-ortho.jp

0120-10-8282