MENU
DOCTOR BLOG

子供のころ歯列矯正を受けなかった理由は?

2016 / 10 / 08

みなさま、こんにちは。

 

 

表参道高柳矯正歯科は裏側矯正(リンガル、舌側矯正)専門医院のため、

成人の患者様が多くいらっしゃいます。

 

矯正全体で見ても、成人の矯正患者は増えてきているようで

表参道や渋谷を歩いていても、ブラケット(矯正器具)を付けている人をよく目にします。

 

 

成人になってから矯正治療を始めた方に

「いつ頃から歯並び、咬み合せが気になり始めたのか」を聞いてみると

意外にも、子供の頃から気にしていた という方が多いことに驚かされます。

 

子供の頃に矯正治療を受けなかった理由は様々ですが、

ある調査会社が行った調査結果が気になりましたのでご紹介したいと思います。

 

 

 

■ 子供の頃に矯正治療を受けなかった理由 

43.7%:矯正治療を受けたいと思わなかった

32.3%:親に相談しなかった

24.1%:親に相談したが治療するに至らなかった

 

 

■ 矯正治療を受けたいと思わなかった理由

61.8%:「見た目」 矯正器具(ブラケット)が見えるのが嫌

51.3%:治療費が高い

34.2%:矯正治療中の痛み

11.8%:歯磨きの負担、食事の負担

10.5%:スポーツ(部活)、受験などへの影響

14.5%:その他

 

 

4割強の方が「子供の頃に矯正治療を受けたいと思わなかった」と回答していて

その理由がいくつか挙げられていますが

案外、現在では解決されているものだったりします。

 

特に矯正治療を受けなかった理由として一番多かった

「見た目」に関しては、裏側矯正で解決されていますし、

「痛み」に関しては最新のアリアスというセルフライゲーションブラケットを選択することで、

今まで以上に弱い力での矯正治療を実現出来るようになりました。

 

 

成人になって矯正治療を受けることにした理由は様々で、

最近では「仕事上、接客や営業における第一印象が重要」

「結婚や就活などの人生の節目にむけて綺麗になりたい」というものなどがあります。

 

また最近では肩こりや頭痛などの健康を考えて、歯列矯正をスタートする人も少しずつ増えてきています。

 

昔 矯正治療を敬遠した理由が、現在では解決されているものもあります。

心配な事やわからない事などあれば、いつでもお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

歯並びでお困りの方、見えない舌側矯正(裏側矯正)や歯のホワイトニングをご希望される方は表参道高柳矯正歯科(J.TAKAYANAGI ORTHODONTIC OFFICE)までお気軽にご連絡ください

http://j-ortho.jp

0120-10-8282