MENU
M's DIARY

Mさんの矯正日記 2

2015 / 10 / 07

 

みなさん、こんにちは。受付の服部です。

 

M.I さんの矯正日記、第2段です!

前回は上下顎ともに装置が付いたところまでご紹介しました。

 

今回は、装置が付いてから約5ヶ月間の歯の動きを

Mさんから頂いた感想とともにご紹介いたします。

 

 

 

以下、緑の文字が Mさんから頂いたコメントです。

 

上下に矯正の装置付が完了してから、はやいもので5ヶ月が経ちました。

この間は1ヶ月に1度くらいの頻度で通わせていただき、状態のチェック、ワイヤーの調整をして頂いています。

ワイヤーは歯の動きにあわせ、徐々に太いものになっていくそうです。

はじめのうちは細くて柔らかいワイヤーを使うそうで、変えた時の痛みも少なかったですが、太いのになってくると、歯が動いているんだなー。と実感するのと同時にやっぱり痛みも伴ってきました。

でも少しずつ歯が動いてきたのが だんだんわかるようになってきたので、毎日鏡を見るのが楽しみになっています!

 

その他では、奥歯に噛み合わせを高くする材料をつけていましたが、歯が動いてきて、上下の装置がぶつからなくなってきたので2ヶ月程でとれました。

取った時の違和感はだいぶありました。最初はどこで噛んでいいのかわからず、食事しづらかったですが、しばらくしたら、コツがつかめてきました。これもまた歯が動いているという実感がわきました。

 

また、左右の手前の歯(糸切り歯)は最初内側に倒れていて、装置が付けられなかったのですが、かなり起き上がってきたので、矯正器具(ブラケット)を付けてもらいました。

 

2〜3ヶ月でようやく全て正式な装置になりました!

 

【2015年4月】

上   下

 

上顎7番目の歯についている青いもの。

これはレジンという、プラスチックのようなものです。

Mさんの感想にもありましたが、噛んだときに下の前歯が上の装置に当たってしまうのを防ぐために奥歯にレジンを盛り、一時的に噛み合わせを高くしています。そのため、初めのうちは奥歯だけが噛み合う状態のため、お食事はゆっくり召し上がって頂くよう指導しております。

 

 

レジン無し                  レジン有り

なし  あり

 

写真では分かり難いですが1mmほど噛み合わせを浮かせております。

硬いものを食べたり、くいしばったりすると取れてしまうこともあるので要注意です。

 

 

 

 

 

歯を動かしていく際、ある程度の力をかけていくので

個人差はありますが、痛みを伴うのは否めません。

 

Mさんは、徐々に太く硬くなっていくワイヤーのほうが痛みを感じたようですが、

細くて柔らかいワイヤーでも、初めて歯に力がかかる最初のうちが1番痛いという方もいらっしゃいます。

ただ、その痛みは常にあるわけではなく

食事の時など、噛んだ時に痛みを感じることがほとんどです。

また、痛み止めを飲むほどではないのでご安心ください!

 

また近年ではワイヤー自体が進化し

痛みがだいぶ軽減され、かつ安全に治療を行えるようになりました。

 

 

 

 

3ヶ月過ぎたくらいで前歯がかなりきれいに並んできました。

ちょうどその頃に友人の結婚式の受付をすることになっていたので、久しぶりに会った友達から、「歯並びがきれいだね!」と言われるまでになっていて凄くビックリしました!かなり嬉しかったです。

今までは上手く笑えなかった写真も自然な感じで撮れていて、やっぱり矯正って凄いなー!と改めて思いました。

 

 

治療開始

404   404-2

 

治療開始 1ヶ月

523-2   523-2

 

治療開始 3ヶ月

725   725--2

 

 

Mさんが1番気にしていた前歯のガタガタ。

抜歯した隙間はまだまだ気になりますが、短期間で歯はこんなに動いてくれました。

 

Mさんと同じようなお悩みを持たれている方はたいへん多いと思います。

矯正治療は決してすぐに終わるものではありませんし、なかなか始める決心ができないかもしれません。

 

ですが、

もちろん個人差はありますが、前歯のガタガタ感などの目立つところは予想よりも早く整ってきますよ♥

 

 

 

 

矯正5ヶ月目を迎えようとしていますが、まだまだ磨くのが難しい!

5ヶ月の間にワイヤーもちょくちょく変わって磨き方にも工夫が必要になってきたのかなとおもったりして、試行錯誤の毎日です。意識することは大切なので、これからも磨き方は悩んでいきます(笑)

 

矯正のために抜いた歯が無いのが最初はとても気になっていましたが、最近は全く気にならないくらいまで隙間が埋まってきました。最初に仮歯という選択肢もあると説明をしていただきましたが、あっという間でしたのでやらなくても平気でした。

 

その間にもブラケットが外れるというちょっとした事件がありました。

といっても外れた時は全く気付かずに、先生に指摘されてから ああ。外れているんだ。というような感じでした。

 

最近は痛みもなく普通にご飯を食べることが多くなり、飲み会の場ではついつい固いものも頬張ってしまったり、

大好きなバーベキューの時は完全に矯正の事などそっちのけになっています(笑)。

奥歯と前歯の2か所が外れていたみたいで…全く気付きませんでした。

今後は気を付けていきたいと思います(笑)。

 

糸切り歯のブラケットが外れてしまっていたので、左前側だけ置いてけぼりになっておりました。

ちょっと切ないことをしてしまったなあと思います。すこし、見た目がゆがんだ感じになってしましましたが、ゴムかけの対応をしていただき、1ヶ月後の調整の時にはきれいに戻っていました!

 

来月からはマイクロスクリューというネジを埋めて、歯を後ろに下げるそうです。

聞いただけでは怖いなー。と思いますが、あっという間に終わるそうなので、気楽に考えていきたいと思います。

 

最近は涼しくなってきました。

食欲の秋という事で、矯正にも気を遣いつつ美味しいものも楽しみたいと思っています。

 

 

 

ブラケットという装置は歯科用の接着剤でついていますが

いずれ外すものなので、食事の時など ふとした時に取れてしまうことがあります。

また ワイヤーが歪んで折れてしまったり、歯茎にあたって痛かったりということもあります。

 

痛みがある ないに関わらず、なにか違和感や不安なことがありましたらすぐにご連絡ください。

 

 

 

M.I さん、次回は上顎の前歯を後ろに下げるために

矯正用ミニインプラント(マイクロスクリュー)を打ちます。

 

ネジと聞くと怖くて不安かもしれませが、麻酔も少量で 痛みや出血もほとんどありません。

 

 

これからの変化も楽しみですね♥

 

 

また進展がありましたらご紹介させていただきます!

 

 

歯並びでお困りの方、見えない舌側矯正(裏側矯正)や歯のホワイトニングをご希望される方は表参道高柳矯正歯科(J.TAKAYANAGI ORTHODONTIC OFFICE)までお気軽にご連絡ください

http://j-ortho.jp

0120-10-8282