MENU
STAFF BLOG

第二回 アジア舌側矯正歯科学会 (2nd Asia Lingual Orthodontic Meeting)

2018 / 12 / 22

みなさんこんにちは、歯科技工士の鈴川です。

 

早いもので今年も残りわずかとなりましたね、

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

一年ほんとあっという間ですね😊

 

 

 

 

さて、11月23日〜25日に品川で行われた第二回アジア舌側矯正歯科学会に参加してきました!

アジア大会ということで、日本だけでなく韓国、台湾、中国やベトナムなどさまざまな国からたくさんの先生方が集まりました!

 

 

 

 

わたしは矯正の学会に参加するのが初めてだったので

どんなお話が聞けるかとても楽しみにしておりました。

 

 

3日間あるうちの1日目、プレコースでは普段別々にセミナーを開催されている先生方が一同に集まって半日コースが開かれました。

コースは5つに分かれており、私は高柳院長の師匠でもある竹元京人先生のコースを受講しました。

竹元先生はイタリアのDr Giuseppe Scuzzoと共に新しい舌側矯正装置の”アリアス”を開発された先生です。

この”アリアス”という舌側矯正装置は表参道高柳矯正歯科でも主に使っている矯正装置です。

 

舌側矯正って、話づらそうとか歯磨きしづらそうとか、

時間がかかりそうとか、マイナスなイメージが多いですよね😥

 

 

ですが、このアリアスは

歯の移動のしやすさ、コントロールのしやすさ、口腔内の快適さなど、とても優れた装置です!!

あの小さな装置にはたくさんの優れた機能が詰め込まれているんですね。

 

私も最近まで表側の矯正をしていたのですが、

裏側でやればよかったな〜とつくづく思います。。。

 

 

 

院長の発表もみんなでしっかりと聞きました!

内容はアリアスブラケットの有用性についてでした。

日本語での発表でもすごいのに、今回は全て英語での発表でとてもかっこ良かったです!!

 

真剣に聞いてるわたしたち

 

 

 

 

 

 

他にも歯科のことだけではなく”リハビリメイク”の第一人者であるかづきれいこさんのセミナーもありました。

メイクを通じて女性の心理を追究したり、医療機関と連携し、傷跡やヤケド痕などのカバーや、

多くの人が抱える「顔」の問題に取り組むフェイシャルセラピストです。

 

みなさん、顔のマッサージをするとき上に向かって流していませんか?

 

 

かづき先生は心臓にむけてリンパの老廃物を流すそうです。。。

つまり!!!下に向かって流す方法がかづき先生流のマッサージだそうです

 

実際にマッサージしてもらった方の顔を見ると、

驚くほど引き締まっていて、顔色が良くなっていました!!!

(美容に敏感な藤内さんは食いついて見ていましたよ👀✨)

 

 

 

 

また院長が今大会の実行委員であったため私たちスタッフも学会をお手伝いさせて頂きました。

 

 

受付〜

お弁当販売〜

 

 

 

他にも技工士さんや衛生士さんのお話を聞けて

たくさん学ぶことができ、実りの多い三日間でした!!

 

今回の学会に参加した経験を活かし、

皆様に快適な裏側矯正治療を受けていただけるよう、これからも精進して参ります!

 

 

 

 

歯並びでお困りの方、見えない舌側矯正(裏側矯正)や歯のホワイトニングをご希望される方は表参道高柳矯正歯科(J.TAKAYANAGI ORTHODONTIC OFFICE)までお気軽にご連絡ください

http://j-ortho.jp

0120-10-8282