MENU
STAFF BLOG

2017年日本舌側矯正歯科学会(JLOA)に参加してきました!

2017 / 12 / 11

皆さまこんにちは!歯科衛生士の吉田です。

 

寒さも一層厳しくなって、1年の終わりも近づいて参りました。

表参道ではイルミネーションも始まり、クリスマスらしい雰囲気も出てまいりました!

IMG_1762

 

忘年会シーズンにも入りますし、皆さま体調管理に気をつけつつ

楽しい締めくくりを過ごせるといいですね^ ^

 

 

さて、先月大阪で行われた日本舌側矯正歯科学会に我々スタッフも参加してきました。

 

学会の前日に大阪へ前乗りし、

まずは、、、やっぱりご飯ですよねーーー!☺️
定番のお好み焼きとたこ焼きを食べに行きました!!

image1

 

自分たちでたこ焼きを焼けるスタイルでして、

誰が上手に焼けるか!!という事で、早速焼き始めたのですが、、みんな真剣(笑)

image2
焼けた後は食べるのに夢中になり、みんな誰が1番上手とかもう忘れてました^o^

あー美味しかった!大阪満喫!!
……いやいや!!あくまで目的は学会です!!

 

 

 

 

翌日の学会では裏側の矯正を行なっている先生方、スタッフの皆さんの発表を聴いたり、

症例発表の資料を見たり、矯正治療に関係する材料や器材の販売が行われていてとても勉強になりました。

 

当院の院長も、症例の展示をいたしました!

IMG_7767

 

 

お話をきいて興味深かったのは、舌の癖や口呼吸などが歯列不正に関与しており、

それらの習癖を改善する事で矯正治療の効果もより得られやすくなるということです!

それには舌のトレーニングが必要なのですが、その分野に関する知識を深める必要があると感じました。

 

 

 

 

また、別の日の診療後にはクリニックで勉強会を行いました。

IMG_7756

 

こちらも舌の癖や口呼吸、そのほか筋肉の領域も矯正治療に関与しているという事を学んだ会でした。

歯並びが崩れる要因は、顎の大きさや歯の大きさのバランスだけではないのです。

みなさん普段の舌の位置はどこにありますか?

前歯に触れていたり、押していたりしてませんか?

舌はスポットと呼ばれる上顎のくぼんだところ(上の前歯には触れません)にあるのが正しい位置です。

これにより鼻呼吸も促され、歯列不正の要因である舌の力や口呼吸も緩和しやすくなります。

 

私は処置に集中していると無意識に舌で前歯を押してしまう癖があるので、気をつけるようにしています。

みなさんもちょっと気にしてみてください!!

 

 

 

そして、終わった後はパーっと気分を切り替えてチキンパーティー!!

IMG_7762 IMG_7763

 

こちらも皆で美味しくいただきました!!先生いつもありがとうございます!

 

これからも皆さまの矯正治療でよりよい効果が得られますようスタッフも努力してまいります。

 

 

歯並びでお困りの方、見えない舌側矯正(裏側矯正)や歯のホワイトニングをご希望される方は表参道高柳矯正歯科(J.TAKAYANAGI ORTHODONTIC OFFICE)までお気軽にご連絡ください

http://j-ortho.jp

0120-10-8282