MENU
INVISALIGN

インビザライン矯正について
– 東京青山の裏側矯正[舌側矯正]専門 表参道高柳矯正歯科 –

インビザライン矯正について 目次

インビザライン矯正(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置 薬機法未承認)とは、透明なマウスピースを段階ごとに交換することで徐々に歯を動かす矯正です。

  1. 1- ADVANTAGES メリット
  2. 2- DISADVANTAGES デメリット
  3. 3- COMPARE インビザラインと裏側矯正の比較
  4. 4- DETAIL インビザライン矯正詳細
1-ADVANTAGES

インビザライン矯正のメリット

透明なマウスピースで目立たない

インビザラインは一見してはわからないほど薄く透明なマウスピースです。装置が見えてしまうことで矯正を断念されていた方にとって嬉しい矯正法です。

矯正装置が取り外しができる

食事やセルフケアのさいに装置を外すことができます。特に、歯を磨く時は外してすみずみまで磨くことができるため衛生的です。

矯正装置に金属を使用しない

インビザラインは医療用のプラスティック素材でできています。金属アレルギーで矯正ができなかった方も安心して矯正をすることができます。

2-DISADVANTAGES

インビザライン矯正のデメリット

適応できない症状や歯並びがある

凸凹が強い歯並びや、前歯の突出が大きい場合など、お口の状態によってはインビザライン矯正を選択することができない場合があります。

自己管理がとても大切な矯正

インビザラインは1日20時間以上装置を装着することで治療計画通りに矯正をすることができます。ご自身のライフスタイルに合った矯正か判断してください。

食後はケアをしてから装着

インビザラインは全ての歯に被せるように装着する矯正装置です。食後シッカリと歯磨きをしないと、食べかすが歯と装置の間にとどまり、虫歯リスクが高くなります。

3-COMPARE

インビザラインと裏側矯正の比較

治療期間はどちらの方が短い?

どちらも治療計画通りに進めるため、期間に違いはありません。
ただしインビザライン矯正は、取り外しができるため自己管理が大切です。装置を装着している時間が1日20時間より少なくなると歯の動くスピードが遅くなるため治療期間が長くなることがあります。

だれでもできる矯正?

数年前とは異なり、インビザライン矯正は治療法だけでなくマウスピースの素材も進化し、適応できる症状が多くなりました。ですが前歯の突出が強い方など、顎に対して歯の並ぶスペースが大きく不足している場合はインビザライン矯正は不向きな矯正となることがあります。
対して、裏側矯正はどのような難しい症状にも適応できる矯正です。
どうしてもインビザライン矯正が必要な場合は、一時的に裏側矯正で歯を動かし、その後インビザラインで矯正をすることも可能です。

4-DETAIL

インビザライン矯正詳細

STEP1
精密検査

インビザライン矯正のための精密検査

レントゲンや歯型をとらせていただき、ご要望の歯並びと口元にするための精密な検査をおこないます。

STEP2
精密印象

インビザライン矯正のための精密印象・歯型

インビザラインを作製するための特別な歯型をとります。この歯型から治療計画を立案し、オーダーメイドの矯正装置が完成します。

STEP3
クリンチェック

インビザライン矯正のための3Dデータ

クリンチェックとは、歯型を3Dスキャナでデジタルデータ化し、コンピュータ上で治療開始から完了までのシミュレーションをおこなうことです。
完成したデータは、3Dのモーフィング画像でご確認いただけます。

STEP4
インビザライン治療開始

インビザライン矯正開始

初回はインビザラインの取り扱いについて詳しくご説明します。大切なのは1日20時間以上歯に装着いただくことです。
初回以降は1〜3ヶ月に1回来院いただき、歯の動きの確認とクリーニングをします。

STEP5
治療終了・保定

インビザライン矯正終了

おめでとうございます♪キレイな歯並びになりましたね。治療が終わったらホワイトニングサービスをしています。キレイな歯並びをより美しくしましょう。
動かした歯を安定させるためにインビザラインと同様の透明なマウスピースで保定をします。半年に1回の定期健診をおこないます。