MENU
SELF CARE

セルフケアについて
– 東京青山の裏側矯正[舌側矯正]専門 表参道高柳矯正歯科 –

セルフケアについて 目次

矯正治療中は正しいセルフケアの方法を知りより効果的にするアイテムをご利用ください

  1. 1- IMPORTANT 大切なセルフケア
  2. 2- ITEM より充実させるアイテム
1-IMPORTANT

大切なセルフケア

矯正治療をスムーズにするためにもセルフケアが大切

矯正治療用の装置を付けるとブラッシングがしにくくなる部分がでてきます。
磨き残しをそのままにしていると虫歯や歯周病になり、治療期間にも影響することがあるため、矯正治療中は歯と歯肉の状態をより健康的に保つことが大切です。
正しい歯の磨き方をお教え差し上げるとともに、より効果的にするために、表参道高柳矯正歯科では矯正治療中に使う歯ブラシやケアアイテムを豊富にご用意しています。

2-ITEM

より充実させるアイテム

ITEM 1
ソニッケアー

ソニッケアー

当院では、手みがきの最大4倍のプラーク除去効果があるソニッケアーをおすすめしています。
矯正治療中は、装置と装置の間に食べ物が挟まりやすくなります。また歯ブラシ、歯間ブラシを使い分ける必要がありますが、ソニッケアーであればその問題を解決することができます。高速振動と、幅広い振幅の組み合わせによって水流を発生させ水の力で毛先の届きにくい矯正装置の周り、歯と歯肉の間や歯と歯の間のプラークを除去します。

歯と矯正装置の間に優しく毛先をあてて、マッサージする程度に動かしてください。磨く部分に毛先をしっかり当てるのがポイントです。

ITEM 2
ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシ

矯正装置のワイヤーと歯の間を磨くのにとても便利なアイテムです。
ワイヤーと歯の間に毛先を入れて磨きます。歯ブラシと同じように優しくあてて小刻みに動かしながらワイヤーと歯の間に入れて磨きます。

ITEM 3
デンタルフロス

デンタルフロス

ブラッシングでは難しい歯と歯の間の歯垢を取り除きます。
デンタルフロスを約30cmに切り、親指と中指で挟んで持ちます。デンタルフロスを中指に巻き付けて指で三角形をつくります。前歯や奥歯の歯と歯の間に前後にスライドさせながら磨きます。

ITEM 4
リナメルホームケアペースト

リナメルホームケアペースト

ナノ粒子のハイドロキシアパタイトが配合された歯磨き粉です。
ナノ粒子が歯の表面のプラークを取り除くだけでなく、歯の表面の微細な凹凸をナノ粒子が埋めていくことで、よりつややかで美しい歯をつくります。
矯正治療中のセルフケアのしにくい部分をしっかりと磨くために歯ブラシだけでなくより効果のでる歯磨き粉を使いたいですね。

使い方はとても簡単で、ソニッケアーや歯ブラシ、ワンタフトブラシにペーストを1センチ(ワンタフトブラシの場合は毛先にのる程度)くらい出して磨くだけです。

ITEM 5
MIペースト

MIペースト

再石灰化を助け、酸性に傾いたお口の中を中和し正常に戻す効果があり、『より歯を丈夫に』『より歯のケア』を目指すためにご案内しています。
歯の表面はエナメル質と言いう硬い組織でできていますが、酸に弱い特徴があります。エナメル質に酸が付着すると、歯の表面からミネラルやイオン(リンやカルシウム)などが流れ出します。これが脱灰と呼ばれる現象です。
ですがホームケアをすることで酸や菌を洗い流し、だ液の修復作用で歯は徐々に元に戻ります。それを再石灰化と呼んでいます。 その再石灰化を助けるためにMIペーストがあります。MIペーストはミネラルやイオンを多く含み、再石灰化を助けるだけでなく、CPP-ACP(リカルデント)により酸性に傾いたお口の中を中和し正常に戻す効果もあります。

< 使い方 >

  1. いつものブラッシングをした後、しっかりお口をゆすぎます
  2. 歯ブラシに1センチほどMIペーストのせ矯正装置と歯の間に行き渡るように塗ります
  3. 直ぐにはお口をゆすがないで30分後ゆすぎます

正しいケア方法を知っていただき
セルフケアを充実させるアイテムをご案内します