表参道高柳矯正歯科
上下顎前突症例|表参道高柳矯正歯科
BIMAXILLARY

上下顎前突CASE-02

初診

治療経過

治療開始

5ヶ月後

1年10ヶ月後

治療終了

治療期間2年4ヶ月

術前術後の比較

概要

主訴

口元が出ているので下げたい

治療におけるポイント

  • 上下顎前突(口唇の突出)

治療

  • 上下両側第一小臼歯の抜歯(4本)
  • 上下前歯の前後的位置関係を調整するため矯正用アンカースクリュー(TAD)を併用

治療費

1,350,000円 +TAX
詳細:矯正装置・調整料・リテーナー・矯正用アンカースクリュー・矯正治療後2年間経過観察料を含む(マウスピース型矯正装置の費用は別途)