表参道高柳矯正歯科
上下顎前突症例|表参道高柳矯正歯科
BIMAXILLARY

上下顎前突CASE-03

初診

治療経過

治療開始

4ヶ月後

1年4ヶ月後

矯正治療期間2年2ヶ月

治療終了

補綴治療終了時

術前術後の比較

概要

主訴

口が上手く閉じれない。歯がガタガタしている。

治療におけるポイント

  • 上下前歯部の唇側傾斜(前方へ突出)
  • 叢生(凸凹歯並び)
  • 口唇閉鎖時のオトガイ筋の緊張(口元が閉じにくい)

治療

  • 不良補綴物(差し歯などの被せ物)、根管治療(神経の治療)や仮歯の装着を内山歯科クリニックにて行う
  • 上下第二小臼歯の抜歯(神経のない歯や補綴物を減らすため)
  • 前歯部を後方移動させるため矯正用アンカースクリュー(TAD)を併用
  • 矯正治療終了後補綴物を内山歯科クリニックにて治療
  • 【 補綴治療 連携医院 】
    内山歯科クリニック https://www.uchiyamadental.com/

治療費

1,350,000円 +TAX +補綴治療費
詳細:矯正装置・調整料・リテーナー・矯正用アンカースクリュー・矯正治療後2年間経過観察料を含む(マウスピース型矯正装置の費用は別途)