表参道高柳矯正歯科
上顎前突症例|表参道高柳矯正歯科
MAXILLARY

上顎前突CASE-05

初診

治療経過

治療開始

1ヶ月後

2ヶ月後

3ヶ月後

5ヶ月後

1年2ヶ月後

治療継続中

概要

主訴

前歯の突出が気になる

治療におけるポイント

  • 上前歯部の突出と過蓋咬合(嚙み合わせが深い)
  • 上下前歯部の叢生(ガタガタ感)
  • 左下6(奥歯)の根尖病巣(歯根の先に膿が蓄積)
  • 上下臼歯部の不良補綴物

治療

  • 矯正治療開始前に左下6(奥歯)の根尖病巣(歯根の先に膿が蓄積)の処置
  • 上下臼歯部の不良補綴物の処置(内山歯科クリニック)
  • 嚙み合わせが深いため上4(第一小臼歯)の抜歯は過蓋咬合が改善した後に行う
  • それまで歯を削合して前歯部の叢生(ガタガタ感)の改善を行う
  • 上顎前歯部を後ろに下げる際に矯正用アンカースクリュー(TAD)を埋入
  • 【 補綴治療 連携医院 】
    内山歯科クリニック https://www.uchiyamadental.com/